脂質異常症とは

脂質異常症とは

高コレステロール血症、高脂血症などとも呼ばれる症状です。
血液中の脂質(コレステロール)のうち、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)、中性脂肪(トリグリセライド、TG)が多くなったり、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少なくなったりした状態です。自覚症状は通常はありません。
動脈硬化(血管がかたくなり、いたんでしまう)が進みやすくなり、脳血管障害や心臓病などがおこる危険性が高い(血中の脂質が正常の方と比較した場合)とされています。

脂質異常症の数値目標

糖尿病の状態に、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が高い状態が重なると心筋梗塞や脳梗塞の危険がさらに高くなってしまいます。

正常値
高LDLコレステロール(悪玉) 120㎎/dl未満
低HDLコレステロール血症(善玉) 40㎎/dl以上
高トリグリセライド(TG)血症 150㎎/dl未満

脂質異常症の治療

食事・運動療法でも目標値まで下がらない場合は薬を飲んで下げましょう。薬を飲まないで放置する危険は薬を飲んで副作用を起こす危険よりもはるかに高く、将来の心筋梗塞・脳梗塞を予防するには飲んだほうが良いでしょう。
またHDL(善玉)コレステロールが低い方は治療が必要です。

マップ
かみじょうクリニック

〒130-0026  東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア1F 
「JR総武線 両国駅」より徒歩3分 
内科・泌尿器科・皮膚科・小児科・リハビリテーション科

電話 電話 詳しい地図を見る